京つう

  旅行・観光  |  九州・沖縄地方

新規登録ログインヘルプ




スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2009年12月25日

不発弾処理、南風原町で1発

不発弾処理 南風原町

日曜日に浦添市の不発弾処理を終えたばかりなのに、水曜日は南風原町で不発弾処理....

不発弾は沖縄の名物じゃないんだけど。

クリスマスプレゼントじゃないよな、まさか.... face07  


Posted by はじめ  at 10:02Comments(0)南風原町

2009年12月20日

不発弾処理、浦添市で2発

不発弾処理 浦添市

沖縄県では毎度おなじみ、不発弾処理です。

今日は浦添市で2発。不発弾処理、沖縄県ではよくある風景.... それも、なんだかなあ。  


Posted by はじめ  at 11:40Comments(0)浦添市

2009年12月15日

エチカの鏡 工藤順一 国語専科教室

エチカの鏡、毎回感動させられます。

エチカの鏡、今回のゲストは国語専科教室を主宰する工藤順一先生。

国語専科教室は東京都を中心に教室を4つ、約300名の子供たちが在籍している国語専門の塾なのですが、ただひたすら本を読ませてみたり、四コママンガを題材に作文指導を行ったりと、個性的な指導方法が知られています。

国語専科教室は子供たちに国語しか教えていないのに、国語以外の教科の成績がぐんぐんアップしたり、さらには麻布中学などの超有名校にも次々と合格者を送り込んだりと、国語専科教室の子供たちは、なぜ国語の指導を受けただけでここまで伸びるのか....

工藤順一先生は、国語力の向上こそその理由だと説きます。



子どもの才能は国語で伸びる / 工藤順一


はじめは半信半疑でテレビを観ていたのですが、番組が進行するにつれ、国語力の向上が子供たちに如何に大きな影響を与えているかが分かりました。

国語力の向上、今の子供たちに最も必要とされる能力ではないでしょうか。


> エチカの鏡 工藤順一 国語専科教室 の続きはこちら。  


Posted by はじめ  at 16:24Comments(0)全般

2009年12月01日

濃霧の福岡

福岡に向けて飛び立った飛行機から、本部半島と瀬底島、水納島を眺めます。
本部半島 瀬底島 水納島

那覇空港から飛び立った飛行機が福岡上空に差し掛かったとき.... えっ icon10

福岡上空で何を見たのか、続きは沖縄の風景にて。  


Posted by はじめ  at 12:15Comments(0)全般